お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い
借金と戦う主婦・・・実はそれほど戦っていない。あきれるほど戦っていない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
部屋に閉じこもる人、ドアを蹴破れない父親
6月30日(金)

 最近のニュースを見ていて、思い出した話し。
 15年ほど前の事。

 休日に、自宅の電話に仕事の依頼が来た。
 客は市内でクラブとスナックを経営する、水商売の社長。
 依頼内容は〔 子供部屋のドアを開けてほしい 〕だった。

 20代前半の子供がいて、長い間引きこもっていたのは知っていた。
 仕事の付き合いが何年もあったのに、その子供を見たことがない。

 何年も引きこもっていたのに、何故、休日にドアを開けろなんて!
 用事があるならノックしろよ!
 ぶつぶつ文句を言いながら、ダンナは出掛けて行った。

 社長宅に着くと、奥さんが玄関に迎えに出た。

 ダンナ談 : あの、バリバリの元気なママが泣いてたみたいだった。

 社長は子供部屋のドアの前に立っていた。

 ダンナ : 「 どうしました? 」

 社 長 : 「 息子がドアに鍵をかけて、開けないんだ 」

 ダンナ : 「 いつもの事だろ 」・・・声に出さずに・・・思ったはず・・

 社 長 : 「 ドアを開けてほしい 」

 ダンナ : 「 ドアが内開きで、蝶板も内側なので・・ 」

 社 長 : 「 壊してもいい!、死ぬかも知れない!

06_30_01.gif

 次の瞬間、ダンナはドアを蹴破っていたそうです。

 ダンナ談 : ドアノブ廻りを蹴ると意外と簡単に開くもんだよ、枠は壊れるけどね。

 引き籠もりの息子は、ぼおっとしてベットに腰掛けていたそうです。

 ダンナ : 「 ・・こんにちは 」

 息 子 : 「 ・・・・・・こんにちは 」

 振り返ると、社長は息子の無事を確認して、居間の方に行ってしまったそうです。
 居間の方から「 ほら、開いたぞ、話してこい 」と聞こえたそうです。


 帰宅したダンナは興奮状態でした。
 息子が死ぬかも知れないのに、俺が行くまで待っていたんだぞー
 俺だったら、子供が死にそうだったら、壁だってぶち破るなー
 何があったか知らないけど、あんな状態で、奥さんにバトンタッチかぁ?
 おかしいんじゃねぇー


 で、何があったんですか?
 え~と、そんなことを聞ける人では、ありませんでした。

 あそこの夫婦は、いつも明るく元気で、店で客受けがとても良い。
 でも、家族の関係は、あまりうまく行っていなかったようです。

 その年の内に社長は、愛人と、お金を持って蒸発してしまいました。

 すぐに商売はガタガタになって、住宅は競売にかかってしまいました。

 ドアを蹴破れなかった父親は、初めから家族に参加していなかったようです。
 部屋も生活費も無くなった、引き籠もり君は、母親の店を手伝うようになりました。

 え~と、何を書きたいのか、分からなくなってきました。

 強いて言えば
 引き籠もり君も、状況によっては働くもんだ~・・・かな?
スポンサーサイト
copyright © 2006 お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by cheese.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。