お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い
借金と戦う主婦・・・実はそれほど戦っていない。あきれるほど戦っていない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホタテの薫製を隠す
6月2日(金)

06_02_01.jpg

 ワイドショーで、ミキティーが携帯に付けていたことで
 話題になった、〔 まりもっこり
 携帯ストラップ? です。
 まりものキャラクターで股間がもっこり。
 お店にあったので撮影。
 何処が可愛いのか分かりません。
 北海道で、お買い求めを・・・・


 事務所が休みの日に、会社直営のお土産店で働かせて貰っている。
 市内に直営店は3カ所有り、私は第3セクターが運営する観光施設に有る店舗で働いている

 社内でも有名な、意地悪婆さんが店員として勤めている店舗です。


 最近は台湾や韓国からのツアー客が増えて、バスが1日に4.5台来ることも珍しくない。

 彼らは、ホタテが大好きで、乾燥貝柱は勿論、生タイプの薫製もよく売れます。
 ホタテの薫製を4万円分買った台湾人もいたほど、売れ筋商品です。


 私がその店で最初に教わった仕事は、ホタテの薫製を隠す ・ ・ でした。

 台湾人のツアーバスが到着します。
 まず、添乗員が先頭に立ち建物に入って来ます。
 添乗員と意地悪婆さんがアイコンタクトをとり、意地悪婆さんが「 隠して! 」と指示をする。

 素早くストック用の冷蔵庫にホタテの薫製を隠し、台湾の人に尋ねられても、無いと答える。
 ・・・これが、ホタテの薫製を隠す仕事です。

 え~と、訳がわかりませんね。

 意地悪婆さんに理由を聞いてみました。
 不機嫌そうに彼女は答えた。

 台湾人添乗員は車中で、売値800円程度のホタテ薫製を2000円以上で売っている。
 店に商品が出ていると、値段が分かってしまうので、それを隠すように頼まれた。
 その代わり、ツアー客を必ず店に連れてくると、約束してくれた。

 なるほど、そんな取引が有ったのですね。

 しかし暴利です。
 あのホタテ好きの台湾人達はバスの中で、いくつホタテを食べるでしょう。
 添乗員は、いくら儲けるのでしょう。
 添乗員は台湾人です。自国人をぼったくりです。


 ダンナ:「 この町で外国人をツアーで連れて行くなら、場所はあそこしかないよ。
      添乗員と取引しなくても、ツアーバスは来ると思うよ 」

 なるほど、言われてみると、確かにそうです。
 あの施設は冬を体験できる、台湾人が大喜びする施設です。

 ダンナ:「 婆さんに、お金が入っていたりして・・ 」

 ん~、意地悪婆さん、恐るべし。別にノルマはないし、売り上げを考えるタイプでもない
 ・・・・本当のところは分からないけど・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by cheese.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。