お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い
借金と戦う主婦・・・実はそれほど戦っていない。あきれるほど戦っていない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギャンブル依存を考える~
12月28日(木)

 ギャンブル依存を考える~ ・ ・ ・ じゃ無いなぁ。
 ギャンブル依存を知る~ かな。

 引用、引用、また引用で、記事を作ってみる~

 文藝春秋編『 日本の論点PLUS 』なるホームページがある。
 その中に 山崎マキコの時事音痴 というコラムがある。

 彼女は、自身が鬱病とギャンブル依存を経験している。
 そんな彼女がギャンブル依存について記事を書いている。

 まずは、彼女の記事に出てきた 帚木蓬生さんがギャンブル依存について話している記事(2004年12月)で、勉強してみます。

 ――「ギャンブル依存」という言葉はやや馴染みが薄いですが、どんな症状なのですか?
 いまや統計的には二百万人のギャンブル依存者がいると考えられます。正式には「病的賭博」という病名ですが、アルコール依存症などと同様、やればやるほど深みにはまるのが特徴です。離脱期(禁断症状)もありますから「ギャンブル依存症」と呼んで差し支えないでしょう。要するにギャンブルのことしか考えられなくなってしまうのです。

 なるほど。病気ですか。
 やればやるほどって、飽きたり、虚しくなったりしないわけですね。
 禁断症状があるなんて、驚きです。

 ――そこまでハマってしまうのは意志が弱いからですか?
 違います。意志や性格の問題ではありません。これはまさに病気なのです。ですから、家族がいくら説教をしても、何の役にも立ちません。最初のうち、家族は借金の尻拭いをする代わりに誓約書を書かせたりするのですが、これは全くの無駄です。糖尿病や高血圧を意志の力で治そうとしても駄目でしょう? それと同じで、重要なのは一刻も早く「治療のコース」に乗せることです。まずは二ヶ月、三ヶ月の入院治療こそが有効です。脳の生化学的研究によると、ギャンブル依存者は、ドーパミンとノルアドレナリンの量が増加し、セロトニン系の機能が低下していることが明らかになっています。つまり、人間の脳の仕組みからしても、誰でも陥る可能性がある病気なのです。

 ほほ~脳内物質が影響していますかぁ。
 意志や性格の問題じゃないなんて、理解しにくいのですが ・ ・ ・
 しかも、家族の意見が役に立たないなんて、悲しいですねぇ。

 ――ギャンブル依存は治るのでしょうか。
 すべての依存症がそうですが、治ったと思っても、再び始めてしまえば元の木阿弥。ギャンブル依存も、治癒ではなく、「回復しつづける」ということなのです。事実、ある人は一年半くらいパチンコから離れていましたが、「新台入れ替え」のチラシを見て腰が浮いたそうです。最近のパチンコ業界はDMを送ったりしますから、みな誘惑にさらされている。私たち医師にとっては、業界は治療の敵ですよ。


 ん~ 薬物依存やアルコール依存のそれに似ていますねぇ。

 はて?
 ギャンブル依存って、大富豪で金も時間も使い放題の人でもなるのかなあ?
 ならないような、気がします。
 ・ ・ ・ ギャンブルに依存する理由が無い?
 金 使い放題だしねぇ。

 ギャンブル依存はそれに対する後ろめたさも、手伝っているような気がします。

 と、帚木蓬生さんは2004年12月時点で、ここまでの引用の様に語っています。
 ところが、山崎マキコの時事音痴によると2006年 帚木蓬生さんは次のように言っているそうです。

「自己中心的でひとりよがり、他人の批判を受けつけずに自分を正当化し、高慢で貪欲、怒りやすく感情不安定で、自己弁明のための口先だけは達者」、「尻ぬぐいは、禁断症状で苦しむ覚醒剤中毒患者に覚醒剤を射ってひと息つかせるようなものである」
「ギャンブル依存者は、人の仮面をかぶった鬼に等しい」とまで言い切っている。

 帚木蓬生さん ・ ・ ・ ・
 何かあったのでしょうか?
 あなたはお医者さんですよねぇ。人の仮面をかぶった鬼って。

 さて問題は、こういう、帚木先生曰く「人間の仮面をかぶった鬼」になってしまったギャンブル依存症者を治療する方法である。帚木先生は、ある意味、とっても投げやりである。

 借金は本人に返済させる。一生かかっても払い続けさせる。払えない場合は自己破産にする。これが治療の端緒である。

 依存症者の家族や恋人が望んでいるのはこんな結論ではなく、自分たちが窮状に手を差し伸べたことで本人が人の真心に触れ、心を入れ替えてくれることだと思うんだが、あなたたちの手ではどうやったって無理なんですよ、そりゃドリームですねと、帚木先生は仰っているわけだ。わたしはこれに同意する。そしてその先はどうすればよいか。帚木先生はこれもまた、ある意味、とても誠実に投げやりである。

 そして肝腎の治療は、ただひとつの道しかない。精神科医に診断してもらい、少なくとも月に一回外来診察を受け、自助グループのGA(ギャンブラーズ・アノニマス)に週一回以上通い続ける。


 借金は本人に返済させる。一生かかっても払い続けさせる。
 依存症患者が作った借金の事ですね。
 まぁ、そうでしょう。
 ギャンブル依存の借金じゃなくても
 借金解決に対して自分自身で立ち向かい、大変な思いをしなければ、多重債務者に戻る可能性がある。 と、言われています。
 辛い思いをして、後悔しろ!って事でしょう。

 私はギャンブルをほとんどしないので、面白さも、怖さも知りません。
 が、依存症に興味有り~です。
 今、山崎マキコの時事音痴が気になっています。

 山崎マキコの時事音痴 では、ギャンブル依存になった経緯も書いています。鬱の攻撃性とパチンコの攻撃性がリンクしたような話が、ちょっと面白かった。
コメント
この記事へのコメント
いいネタ紹介ありがとう!
Posted by mpapa
cheeseさん、こんばんは。
cheeseさんはギャンブル無縁組でしたねぇ、
馴染んでしまってすっかり同人系(笑)と思い込んでました、
失礼しました<m(__)m>

ギャンブル依存症に関して、なかなか激しく同意できる記事って無いんですが、このお二人それぞれのスタンスのどちらも
激しく同意できるという点で
ギャンブル依存経験者の私からもお墨付きを・・・
なんておこがましい(^_^;)

ギャンブラーがパチンコ店に入った途端攻撃的になるのも、
どれだけ致命的なダメージ負ったと思っても一日寝たら
「取り返してやる~」と復活できるのも
やはり「精神論」でなく、ある意味「不治の病」に犯されている結果だと・・・という事は、何か「お前は既に死んでいる」って宣告されたようでちょっとショックですけど、
半分は「ああ、やっぱりそうか・・・完治しないんだ」って
再確認できたような気がします。

完治しないとすれば後は程度の問題ですが、
人に迷惑を掛けない、借金をしない等々厳しい条件を自ら課して
その範囲で「遊べる人」はともかく、私の場合は意志薄弱なので、この際「君子危うきに近寄らず」でいきたいと感じてます。

確かに「山崎マキコの時事音痴」面白いですねぇ、
自分もちょっと追っかけてみます。

2006/12/28 Thu 22:55 URL [ 編集]
目が痛い夜
Posted by 債務大王@バカ2号
んがあぁぁ~orz
そうなんですよ、完治しないんですよ、このギャンブル依存って奴は。

こんばんは。@バカ2号っす。やめられない、とまらない♪
あ。。。

多分、自分も完治は無いと思いますが、お金もったいないので今のところは大丈夫です。

人の仮面をかぶった鬼は、適切な表現かな。
ギャンブルをしたいがために、大切な人を欺いたこと。
そして、欺いたことを正当化しようとする心。

ギャンブル依存のブログは別に立ち上げてましたが、最近更新が停滞してました。

最後のカコミ、共依存っすね。まさしく両親はこれ。
過干渉など、いろいろ問題はありますが、種は自分だから。

もしかしたら来年、1度はGAいくかもです。
行ったとしても、その体験詳細は公表できないのが決まりのようですが、可能なレベルまではUPします。

耳が、いや、目が痛い夜になりました(笑)
応援爆撃しときやす。
2006/12/29 Fri 01:15 URL [ 編集]
Posted by Nightfly67
この手の話ではやっぱり揃い踏みですね(笑)はい、私も依存症です。
かつてはドーパミンドバドバでてるのを身もだえするほど快感に思ってました(^^;;
そもそも「人生はギャンブルだ!」なるどこぞで誰かが言っていたような人生観を引っさげていましたから…
依存症はなんにせよ完治はしないと思います。
そうなれば治療するには『共存』しながらコントロールするしかないのではと。
しかし皆さん!パチンコは儲かりませんよぉ。
依存する価値はまったく無いです。
特にこの暮れ正月、お金捨てますよぉ。
万が一勝てても…
それは1年間の運を使い切るくらいのものですからご注意(笑)
2006/12/29 Fri 03:54 URL [ 編集]
Posted by えみりん
ギャンブルですかぁ~。
運が昔からないのでやらないですねぇ~。
2006/12/29 Fri 04:00 URL [ 編集]
なんつーか・・・
Posted by 猫
中毒にさせる何かが。。。
脳内から噴出してるんでしょうね、、(なんだったっけ?
パチンコしてるとあのフィーバー音が快感になるらしいですから。。
というσ(-_-)ワタシは殆どやりません。
相方のわんこちゃんはたまにやって勝ってきます。
お陰で美味しいものが、、、( ̄- ̄)にやりっ
2006/12/29 Fri 09:45 URL [ 編集]
おおつごもり
Posted by オールドshonen
さすがブログってる人少ないようですね。

cheeseさん。今年はあなたのブログのお蔭で「訴訟」も
成果がありましたし、感謝します。
1月中に270万円ほど還ってくることになりました。

真剣に、法解釈の理論をやるきっかけをつくってくれたのは
7月の「時効シリーズ」でした。
いま、終わってみると気が抜けたようです。

・・・ところで、帚木蓬生さんの本読んだことありますよ。
誠実なまでになげやり…本音でしょうね。
それにしてもcheeseさん。いとも簡単に強烈な記事を載せ
られましたね。

「…依存症」この文字を見ると視点をそらす。
「…依存症」この言葉を聞くと雑音に紛らわす。

自分のブログ開設できるように頑張ります。
2007年もよろしく。
2006/12/31 Sun 22:50 URL [ 編集]
管理人のみ閲覧できます
Posted by
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/02 Tue 16:11 [ 編集]
Posted by cheese
mpapaさん
君子危うきに近寄らずですかぁ。
そうできれば一番なのでしょう。
そもそも、依存症とは何なの?って感じなので
少しずつ、知って行こうと思います。
とりあえず、記事の中のふたりは、それを言い当てている訳ですね。


債務大王さん
なるほど、債務大王さんも記事中のふたりの意見が正しいと・・・・
ん~GAにも興味有りです。可能な範囲での記事を期待します。


Nightfly67さん
そうですよねぇ
パチンコ店は機械の代金や電気代を回収して、人件費を払って、その上利益を出している。
そのお金を払っているのはお客さんでしょ~
あの台に向かって得られる楽しさの対価としては高すぎるように思えます・・・・・ギャンブルをしない人間の目なのでしょうが。

 皆さんのコメントを読むとやはり後ろめたさが根底にあるように思えます。
 ニコチンは中毒でしょうが、アルコールはプラス依存があると思います。
 何かの原因があってアルコールに頼ったり逃げたりする依存だと思います。
 さて、ギャンブルのそれはどうでしょう。
 何かから逃げたり頼ったりする、その原因があったのでしょうか?
 ん~少しずつ調べたいと思います。


えみりんさん
私もやらないんですよ。
でも、お腹に子供がいるときは、必ず出るから行ってきて・・・
と、母親に頼まれパチンコに行ったことがあります。
出ましたよ~
でも、また行きたいとは思いませんでした。


猫さん
何かがあるんですねぇ~
それが解らない~・・・・で、興味有り~です。
わんこちゃんがパチンコで勝たなくても
美味しい物が・・・・・・( ̄- ̄)にやりっ


オールドshonenさん
270万円って、凄い金額ですねぇ。
凄い金額だけに、それまでの苦労がうかがえます。
そうですねぇ、時効の記事のように、時々は呼びかけた方がいいのかなぁ
いとも簡単に強烈な記事・・・・ですか。
知らないって怖いですねぇ。
興味があるからって、意地悪なことや残酷な事を記事にしているのかも・・・・・
悪気は無いので、許せ!ってところです。
ブログ開設・・頑張ってください。


ぽ○さん
歯切れの悪い返事を書きました。
申し訳ありません。
ん~頑張る事はよいことですが、体を壊しては何にもなりませんよ。
返済先に学資や他の融資の可能性が無いのなら、返済を止めるのも一つの手段ですよ。
生活を安定させる方向で、リスケジュールや他の整理法を考えるのはどうでしょう。
大事な時期です。頑張ってください。
応援しています。
2007/01/05 Fri 19:51 URL [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by cheese.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。