お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い
借金と戦う主婦・・・実はそれほど戦っていない。あきれるほど戦っていない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水の底から
5月5日(金)

 今日も夢の話。
 私が時々見る、内容が同じ夢の話です。
 時々と言っても1年に1回くらいかな・・いつも爆睡状態だから見た夢をあまり覚えていない

 その夢に見る内容は、20年前位に実際に起きた出来事です。

 それは長男が1歳半位のよちよち歩きしている頃でした。
 私と、ばあちゃん(私の母親)が玄関先で話をしていて、長男が庭を一人で歩いていました。
 歩き始めた頃でしたから、靴を履かせると喜んで歩き回っていました。
 それを目で追いながら、二人は世間話をしていたのです。

 大して立派な家でもなく、広い庭でもないのですが、爺ちゃんが趣味で作った鯉の池が庭の隅にありました。
 長男がそこまで歩いて行って、鯉をのぞき込んでいました。
 池の縁に手をついて、楽しそうに見ていました。
 指をさして何かを叫んだり、笑ったり・・・・

 次の瞬間、長男は前回りでもするように、くるん・・と、池の中に落ちてしまいました。

 それを見ていた私とばあちゃんは、驚いて、ぎゃーぎゃー叫ぶばかりで一歩もそこを動けなかったのです。

 何秒かの短い時間だったと思うけど、「落ちた~」 とか 「早く~」 とか叫んでいたのでしょう。 ダンナが飛び出してきて、池まで走っていって長男を引き上げてくれました。

 「 見ていたのに、どうして直ぐ助けに行かないんだ!! 」
 ダンナに怒られました。当然です。

 幸い、長男は怪我もなく、水も飲んでいませんでした。


 後でダンナに聞いた話ですが
 ダンナが池を覗き込むと長男は、仰向けになって、池の底に沈んでいたそうです。
 ビックリしたように、大きく目を開け、こちらを見ていたと言うのです。

 ダンナに気がついて、だっこを要求する時のように、両手を差し出したそうです。
 ダンナはその手を捕まえて引き上げたのです。
 引き上げた瞬間 「 ひゅ~! 」 と、勢いよく息を吸い込んで、泣きもせず、ダンナにしがみついていました。

 本能なのでしょうか、長男は池の底で息を止め、助けが来るのを待っていたのです。
 パニックになって、呼吸をしようとしたら、水を飲んでいたでしょう。


 不思議な事に、私が見る夢は、その場面なのです。

 実際には見ていないのに
 長男が水の底からこちらを見ていて、両手を差し出す場面です。

 でも、あの日のダンナのように、その手を捕まえて助ける場面は無いのです。
 ストーリーは無く、その場面だけ、何度も見るのです。

 何故でしょう、長男は今も元気で、脳天気に暮らしているのに。
 直ぐに助けに行けなかった後悔でしょうか。


 彼が水の底から見たものはどんな風景だっただろう。
 私はそこに、いたかった。
 差し出した手を掴みたかった。

 そう思っているのでしょうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by cheese.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。