お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い
借金と戦う主婦・・・実はそれほど戦っていない。あきれるほど戦っていない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
整理法を考える その1
5月7日(日)


 借金整理法を考える~ その1 話し合い型


 1.相手と話し合ってみる

  これは難しいですね。 私の場合、自分からではなく相手から連絡が有った時
  自分の希望を伝えているが、通りません。 私側の条件が常識外れなのは、
  勿論ですが、相手側のマニュアルには、それに対応するものが無いように
  思います。

  ただ、延滞金のカット、今後の利息のカットを勝ち取ることは、難しいことでは
  無いようです。

  サラリーマンは、給料の差し押さえについて、勉強してからやる方法ですね。
  収入が安定しているので、強制執行される可能性 大 です。
  逆に、支払額が給料の半分ある人は、支払をやめてこの方法を考えた方が
  良いかも。
  話がこじれた場合も他の方法に切り替えることは簡単です。
  まずは、生活の安定と、法的手続きに備えて、お金を貯める期間を稼げる
  ことが、良いところ・・かな。
  話し合いがうまく行って、法定利息に引き直し、元金カット利息カットを勝ち
  取れば、なおOK


 2.特定調停

  特定調停は債務者が、簡易裁判所に申立をして、返済方法を債権者と話し
  合う方法です。
  法定利息に引き直したり、今後の利息カット・支払い方法を簡易裁判所で
  話し合うわけですね。
  借金本によると、これで楽になった人も大勢いるようです。

  弁護士に頼まず、自分でやれば、1件あたりの費用1,000円以下で済むらしい
  ので、お手軽です。
  しかも、調停する相手を自分で選べるのです。カードローン・クレジットだけ
  調停を申立て、住宅ローンなどを直接、話し合いしたり、返済を続けたり出来
  ます。

  条件によっては、不調に終わることも有るようです。・・が、
  申立した日から調停が修了するまでの期間は、取り立てが無いので、2~3ヶ月
  の時間を稼ぐ方法としても活用できそうですね。


 3.弁護士に頼んで任意整理する

  特定調停の様な事を、弁護士が代理人になって交渉する方法です。
  裁判所に行かなくて良いのですから、会社を休む事無く進めることが出来ます
  本によると、費用はサラ金1件につき30,000円~40,000円となっていました。
  ただ、引き受けてくれる弁護士がいるのでしょうか。
  何でもかんでも、自己破産にする弁護士も多いようですから。


 借金返済を話し合って解決する方法を書いてみました。
 どの方法も、解決しない場合は、法的手続きに変えることが出来ます。

 取り立てがうるさいが返済が出来ない。法的手続きをするお金もない。
 そんな人が時間を稼ぐために、考えても良い方法だと思います。

 次回はその2 法的手続きを考える~

 ※ 間違いがあれば、訂正しますので、ご指摘ください。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by cheese.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。