お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い
借金と戦う主婦・・・実はそれほど戦っていない。あきれるほど戦っていない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食い物にする奴らを考える その1
5月18日(木)

 多重債務者を食い物にする奴らを考える~ その1

 悪徳弁護士

 ・自己破産は薦めず、任意整理を薦める。
 ・弁護士費用を長期分割で受任する。

 一見、良い弁護士です。

 任意整理を薦める理由

    任意整理は、裁判所を通す手続きではない。
    弁護士が間に立って整理を進める。債権者と話し合うのは弁護士のみ。
    弁護士の手心を加えやすい訳です。

 弁護士費用を長期分割にする理由

    法外な弁護士費用を請求するときに、一括より長期の方が騙しやすい。
    債権者に支払う金額と合計し、毎月支払額を決めると、依頼主を騙しやすい。

 たとえば、毎月の支払額が10万円の多重債務者が、費用込みで毎月8万円を支払
 3年間で和解出来たとします。
 支払終了後、明細を貰って、初めて法外な弁護士費用を払っていた事に気づく事もあるようです。

 悪徳弁護士は、引き直し計算もせず、業者の提示した金額を和解金額として
 少しのお得感と、弁護士に相談した安心感で、多重債務者を騙します。

 弁護士に任意整理を頼むときは、法定金利に引き直した計算書や、費用の明細書をしっかりと確認した方が良いようです。

 任意整理は、借金を整理する方法として、悪い手段では無いと思います。
 でも、経験の豊富な弁護士に頼まなければ、効果の出ない方法でもある。
 ・・・と、言えそうです。

 また、某弁護士さんのホームページに、こう書かれてありました

 弁護士費用を長期分割払いでは、悪徳弁護士でなくても一括払いの倍額ほどになると思われる、分割でなければ弁護士費用が払えないなら自分で特定調停するべきである
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by cheese.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。