お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い
借金と戦う主婦・・・実はそれほど戦っていない。あきれるほど戦っていない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プラスの心理
5月19日(金)

 急増!借金まみれ、の人々 ある心理が落とし穴に?
 昨日の夕方、ニュース番組の特集で放送されたものです。
 
 今更、急増も無いでしょうが、この特集で言われている、ある心理とは?

 所有の心理  借りているはずが、自分の物と感じてしまう。

 カードローンの枠を、自分の預金の様に感じてしまうと言うのです。
 借入枠の残った金額を、あとこれだけ使える・・と、預金の残高のように感じる
 プラスの心理が働いている・・とのことです。
 借入枠をプラスと感じるわけですね。
 そのプラスの心理は返済を と、感じると言います。

05_19_01.jpg 05_19_02.jpg

 成田さん39才は、借入枠が広がった時に、嬉しいと感じたそうです。
 その、増えた分を返済に充てたのです。
 
 ん~、残高が増えた喜びと、返済の喪失感を相殺した訳ですか?
 成田さんは、算数の授業を居眠りで過ごしていたようです。

 え~と、私も偉そうな事は言えませんが・・・


 ギャンブル多重債務者に働くプラスの心理

 杉森助教授 語る
05_19_03.jpg 05_19_04.jpg

 お金が元々マイナスで少ない人は、失う物が無い分、儲けるチャンスがあれば、リスクを冒してでも 儲けようとする。
 そこにも、プラスの心理が働いている。

 ギャンブル多重債務者A君の実験
05_19_05.jpg

 被験者3人でゲームをします。
 他の二人は多重債務者ではありません。
 チップを賭けゲームをして、負けた人がチップを払います。
 バランス良く人形を置き、崩した人が負けの・・あのゲームです。

 A君は最初からリスキーな攻撃をします。
 わざと傾くような所に置いて、人の失敗を誘おうとします。
 作戦は失敗して、A君は負け、チップを支払います。
 A君は、一度負けると、もっとリスキーな攻撃をします。
 安全策はとらずに、負けを取り戻そうと、はまっていくようです。

 ん~杉森助教授~
 A君の実験で、そんな答えが出ますか?
 A君はただのゲームが下手な青年じゃないですか。・・解りません。

 その後、何人かの悲しい多重債務者を紹介して、なんの解決策も無く特集は終わる。

 なんだそりゃ! 訳が解らん。
 特集の題名を 成田さんとお馬鹿な仲間達 にすればいいのに。

 最終的に〔プラスの心理〕で括られていましたが、それ自体が解りづらい番組でした
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by cheese.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。