お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い
借金と戦う主婦・・・実はそれほど戦っていない。あきれるほど戦っていない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメントの回答を記事にした~2
5月28日(日)

 今日も昨日のコメントを記事にしてみる~

>Posted by ひみつ
>時々、こちらを読ませていただいています。
>私は消費者金融ではありませんが、やはりキャッシングも商売にしている会社に
>属しています。
>確かに、ビジネスとしてお金を貸すのに、返済能力の見極めができなかったのは
>会社の失敗でしょう。
>ですが、あなたが信用情報機関に登録もなく真っ白な過去であれば、通常は『返
>済能力のある人』と判断して、お金を貸すことになります。
>それをあなたは会社のミスである、と堂々と言い切っている。


 そうです。堂々と言い切っています。
 信用情報機関の情報だけでは、十分な審査が行われたとは言えません。
 まして、2社目、3社目、それ以降は、他社借り入れの情報を得ています。
 その上で、収入金額から見ても、返済不能に成るような額を貸し付けているように
 思います。

 お金を貸して、利息と元金を受け取り、収益を上げる。
 その為には、契約を履行出来る人を選んでお金を貸す。
 それが出来なければ、商売としても成り立たないように思います。

>支払日に支払わない人の多くは「うっかり忘れ」です。
>うっかり忘れでない人が、確信犯的にお金を返しません。
>そして挙句に「(お金が)ないものはないから返せない」と堂々と言い返してきます
>それは借りた側のわがままです。


 おっしゃる通り、借りた側のわがままですね。

>与信枠(借りられる枠)があっても、自分の返済能力を見極めて借りるべきなのに
>そのコントロールをできない自分を棚に上げて、借りたお金を返さず、生活レベル
>をキープするというのは本当に虫のいい話だと思います。


 勿論、借りる側のミスが有って、問題が起こっています。
 ただ、返済を含め、抱えている借金を解決するには、まず生活の安定が大事だと言って
 います。
 贅沢をしなさいとか、生活レベルをキープしなさいと言ってるつもりはありません。
 借金を背負ったからといって、罰でも受けているような生活をする必要はないのです。
 心身とも健康的に生活した上で、借金と向き合えば良いと思っています。

>あなたは、ビジネスとして『返済能力のない』自分に貸した会社のミスなのだから
>裁判になるまでほおっておいて、少しでも自分が返すべき額を減らすことを恥ずか
>しげもなく宣言している。


 今まで、電話でのやり取りが有り、相手の希望も聞き、私の希望も伝えました。
 それで折り合いが付かないのであれば、次の解決策を考えなければ成りません。
 その解決策の中に、裁判所での話し合いが有る。
 ・・・・恥ずかしい事のように思えません。

>では好意で貸してくれた友人が居たとしたら、どうするのでしょう?
>好意で『返済能力のない』自分に貸した人がいたら、あなたは生活レベルを落と
>して必死に返すのでしょうか?
>きっと、また別の理屈でもってお金を返さない気がします。


 生活レベルを落とすかどうかの問題では無く、必死に返しますよ。
 彼らの信用を失いたくありませんから。
 え~と、面倒なので、別の理屈も考えません。

 カードローン会社等の借金解決にも、必死に立ち向かっていますよ。


 今日、記事を書いていて思ってのですが、カードローン会社って、今の時代で成立する商売なのでしょうか。
 ・・・・・考えてみて、今度記事にします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2006 お金が無いから返せません カードローンとの戦わない戦い all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by cheese.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。